未来につなぐ、家・環境・ココロ
top
top image
 
LINK

 

八代工務店の家づくりへのこだわり

「安全で安心な家づくり」という理念を基に、建築業というフィールドから

お客様に親切丁寧な家づくりのアドバイスと建築施工提供、施工後のケアを行っています。

情報化時代の中、本当に良い家づくり、建築会社の見極めを誤ってはいないか…

という疑問を感じ、情報に錯綜されないよう、本来あるべき建築をご提供することが

使命であるという気概を持って、事業を営んでおります。

 

情報化と共に現代にはエネルギー問題や環境問題があります。

当社では、安全な商品・設備・施工のご提供に留意しており、

そのような考えから、床暖房[CF BOARD HEATER]を平成13年7月より、

空気触媒[セルフィール]の施工販売を平成16年2月より販売を開始し、

お客様にお勧めしています。

住環境に留まらず、結果、地球環境にまで視野を広げ、人、まち、そら(地球)が共生できるよう

当社での商品・設備・施工には厳選して行っています。

 

また、建築そのものが次世代にも継承されることを考え、施主様のご家族の成長や

ライフステージの変化など、将来的な視点も配慮したご提案が

私どものセールスポイントでもあります。

また、建築という仕事上、施主様とはお問い合わせをいただいた時にはじまり、

何度も繰り返し行う打合せ、設計から施工、お引き渡し、そしてメンテナンスと

本当に長いおつきあいになります。その過程で、お客様に喜んで頂けるような仕事を心掛け、

当社を選んで頂いたこと、人としての新しい出会いによって頂いたご縁に感謝することが

繰り返されることで、私どもが成長できているということを感じています。

そのような循環される人間関係からも、ご家族と、ご家族を守る住まい、

ご家族の歴史が継承されていくべきであるとの思いが高じて、古き良きものの伝承

という発想に結びつき、古民家鑑定士の認定を受けました。

日本という美しい風土に合った伝統建築も、全てを近代化して画一的または

無機質な日本に変貌してしまってはこの国の個性が失われてしまいます。

日本にしかない建築を温存できるものは手を加えて再生させ、

また、どうしても温存に絶えない建築物は、他の建築物に再利用することで、

木や土といった自然が循環していくという考えがあります。

「人は自然の中で生かされている」ということを決して忘れてはならないと思うのです。

 

以上、「安全・安心」「環境共生」「伝統建築の継承」という3本の柱を持って、

時代、環境の変化を見据えた事業展開をし、

共に成長していく株式会社八代工務店であり続けたいと思っています。

 

大阪府古民家再生協会
 
 
 
 
 
 


Copyright(C) 2011 八代工務店. All rights reserved