未来につなぐ、家・環境・ココロ
top
top image
 

 

■  シックハウス症候群とは?
▼シックハウス症候群は他人事ではありません!
新築やリフォーム後に入居して・・なんだか落ち着かない。
特有の刺激臭が部屋に充満している。
目が乾いた感じでチカチカしたり軽い頭痛や吐き気がする。のどが渇き、いがらっぽい。
イライラして、怒りっぽくなり感情の起伏が大きい。
こんな症状はないでしょうか?これはシックハウス症候群の可能性があります。
 
▼その原因は何なのでしょうか?
有害な物質(ホルムアルデヒド等)が含まれる建材を使用することによって、毎日の生活に微量な濃度でも体内に少しずつ有害物質が蓄積されてきます。また近年は窓や戸がアルミサッシになり気密性が高くなったため、自然に換気される量が減少する傾向にあります。そのため、シックハウス症候群の発生しやすい状況になっています。
 
▼シックハウス症候群の症状
これが シックハウス症候群だという固有の症状はなく、個人差もあります。
一般的には次の症状が出ると言われています。

・慢性疲労・思考力の低下
・頭痛
・注意力の低下・意欲の低下
・寝付きが悪い
・朝すっきり起きられない
・イライラ・怒り・感情の爆発等
 
▼シックハウスを防ぐ為の対策
化学物質の使用を極力抑えた建材や接着剤を使用した住宅を選ぶことが大切です。
新築住宅に入居する場合は、完成からしばらく待ってから入居することをお勧めします。
入居後は換気を行うことが効果的です。空気の通り道を作りましょう。

しかし!もっと有効な対処法があることをご存知ですか?
ケアフィール(新触媒)
空気触媒(セルフィール)を壁紙や家具等に噴霧することで、半永久的に汚れた空気を24時間浄化し続け、また消臭・抗菌・防カビ効果も期待できます。
空気中の酸素に反応し活性化する、完全無害な溶剤で人や環境にも優しいのです。


新触媒 セルフィールの 6つの効果

・防カビ効果
・長時間にわたる持続効果
・防汚効果
・高いコストパフォーマンス
・無色透明で幅広い適用性

詳しくはこちら
ケアフィール(新触媒)
高い親水性によって、セルフクリーニング効果を発揮するコーティング材も従来の紫外線で親水性を高める方法では、カビや藻の繁殖しやすい日陰などではあまり効果を期待することができませんでした。 しかし、新しく誕生した「ケアフィール」は、酸素の働きによって親水性を高めることに成功。どのような場所、どのような天候であっても優れたセルフクリーニング効果を発揮することができます。 また無色透明なので色を選びません。
新触媒 ケアフィールの4つの効果
・防カビ効果
・長時間にわたる持続効果
・防汚効果
・高いコストパフォーマンス
・無色透明で幅広い適用性
詳しくはこちら
LINK
大阪府古民家再生協会
 
 
 
 
 


Copyright(C) 2011 八代工務店. All rights reserved